ヒト幹細胞を使った永久発毛の体験日記

スポンサーリンク
スポンサーリンク

永久発毛体験記

発毛システムを導入しましたが、自分で体験していない物は良いとも悪いとも言えないので自分でも体験してみます。

色々な発毛用品の「使用前」と「使用後」の写真をWEBで見てみましたが、写真を撮っている施術者は日々利用者さんの頭を見ているでしょうから、発毛変化が分かるだろうけど、一見さんには疑問点が残るなという写真が多かったです。

多く感じた疑問点はこんな感じ。

  • 写真を撮っている角度が違うから比較対象としては難しい
  • 〇〇日後、とあるが髪が伸びただけでは?
  • 髪型変えてるだけですよね、、、

このページは、そうならないように日々ブログ風にして記していきます。

 

ヒト幹細胞を使った発毛システムについては、コチラ→ヒト幹細胞を用いた発毛について知りたい|永久発毛を目指すバルダップシステムです

本来であれば、週に2回くらいの施術ペースで3ヶ月も続ければ効果を期待できそうですが、セルフ施術なので最初の20回は施術間隔を詰めてやっていきます。

自分の院に導入している機材だからといって、良いところだけを書くつもりはありません。

気になる部分もシッカリ記載していきます。

薄毛治療選びの参考にしてください。

日記内に出てくる「機材1」は、ご家庭でのセルフケアにも使える機材なのでセルフケア方法の参考にも読んでみてください。

 

2019年1月11日(金)1回目

初回の使用です。A液とB液を混ぜて~

ヒト幹細胞培養液を作成してから頭皮に適量塗布します。。。

適量ってどのくらいだろう?この適量って難しいですね。

なんとなく、こんなもんだろう。という量を塗布してヒト幹細胞培養液を頭皮に浸透させる特殊な機械を使って頭皮にヒト幹細胞培養液を浸透させていきます。

 

このヒト幹細胞培養液を浸透させる特殊な機材は出力が1~5まで選べます。

迷わず最大出力の5で実施しましたが、ピリピリとした刺激を頭皮に感じます。

電気刺激に慣れるまでの間は、出力3くらいで行うのが良いのかな?

私は5でやりますが。

 

この機会が優れ物で、高周波による頭皮の火傷防止や機械の異常過熱防止のために電源オンから10分で自動で電源が切れます。

この10分間で頭皮全体へヒト幹細胞培養液を浸透させた後は機材2を使って施術していきます。

 

この機材2は電気刺激を利用したもので、効率的な電気刺激がプログラミングされている優れ物です。

電極を所定の場所に貼り付け、スイッチを入れていきます。

電気刺激はあまり好きではないですが、出力を高めでやっていきます。

 

スイッチを入れてビックリです。

蛍光灯が点滅している。

目がチカチカするから、部屋の電気を消しても、、、

まだチカチカしてる。

一定の条件が揃うと電源を入れて無くても蛍光灯は光りますから、そのせいでしょう。

 

気にせず施術を続けていくと、目の前がチカチカする感覚が無くなりました。

機材のディスプレイを見ると電圧等は同じ条件で、自分の目の前のチカチカだけ無くなったので

目の前のチカチカは機材2の電圧のせいでは無く、脳が何か勘違いして目の前がチカチカしているように感じているのでしょうか。

 

定期的に電圧が上がったり下がったりしているのを体験していると、電圧が下がっている時間が長いな~

なんてタイミングがありました。

そのまま電気を感じない時間はいつまで続くのか観察していたら急にきました。

「ドンッ!!」って感覚で急に電気が流れた感じで勝手に腕が動いてしまいました。

 

次に急に電気が流れるタイミングがあるのか?

なんて観察しながらセルフ施術を続けていると66分の施術が終わりました。

 

初回施術の後は、目の奥が疲労感でいっぱいです。

景色がチカチカしたのが関係しているのか?

 

帰宅後、とってもよく眠れました。

慣れない電気治療器に疲れたのか?

 

初回施術の日記は終わりです。

 

※10分で自動電源オフの機材は家庭用で販売されています。

※66分で自動電源オフの機材はサロン専用機材です。

 

2019年1月12日(土)2回目

2回目の施術です。

10分で自動電源オフの機械も2回目なので使い方も慣れてきたような気がします。

2回目だからか、ピリピリとした刺激は1回目の8割減くらいに感じました。

ヒト幹細胞培養液の塗布と浸透を終えて、次は66分の機械です。

 

昨日の急に電気が流れてビックリした経験があるので、機械のディスプレイ部分を注視します。

開始から40分・残り時間26分の辺りで「ドンッ」と刺激が来るようです。

2回目なので心の準備が出来ていたのですが、

電気が急に流れたタイミングで、また腕が勝手に動きました。

これは心臓に良くないのか?大丈夫か?

検証が必要か?

 

2019年1月13日(日)3回目

3回目の使用です。

ヒト幹細胞培養液を塗布して、機材1で10分間頭皮に浸透させます。

3回目だからか、頭皮のピリピリ感が全くありません。

次に機材2を使用して66分間の施術です。

1回目・2回目とベッドに横になり動かずに施術していましたが、

66分動かないのは、他にやりたいことがたくさんあるので結構つらいです。

動かなければ椅子に座りながら出来るのでは?

と思い椅子に座りながらの施術です。

電極はテーピングを細かく切って貼り付けてズレないように固定します。

残り時間26分辺りで「ドンッ」と電気の流れるタイミングの時だけ、出力を絞りました。

 

2019年1月14日(月)4回目

4回目の使用です。

もうだいぶ慣れてきました。

機材1をピリピリするまで頭皮に当てておいてから次の場所に移動させるように、やり方を変えてみました。

次は機材2

施術40分経過で「ドンッ」と電気が流れると思ってたら、今回は施術42分経過時だった。

毎回、タイミングが変わるのか?

 

2019年1月15日(火)5回目

5回目の使用です。

機材1のヒト幹細胞培養液をどれくらい塗布したらよいのか色々試しています。

ちょっと多めに塗るくらいの方が良いのかもしれません。

ヒト幹細胞培養液の塗布量はこの動画を参考にしました。

 

次は機材2

最初に電源を入れた際の目の前がチカチカする感じは、初回の施術に比べると減ってきたような気がします。

発毛施術を始めて効果を感じられるのは3か月後くらいでしょうから、ゆっくり施術していきます。

※なぜ3ヶ月? → 人間の細胞の生まれ変わりは3ヶ月毎と言われています。整体でも身体の痛みを繰り返さない状態になっていくのは3ヶ月毎に経過観察が必要なので、発毛も同じように考えます。なので、目に見えて効果を感じるのは3か月目くらいと考えています。

 

2019年1月16日(水)6回目

使用6回目です。

機材1を使用する際のヒト幹細胞培養液の塗布量が感覚的につかめてきました。

機材2の目の前のチカチカが施術開始15~20分で無くなってるような気がします。

今回も機材2の残り時間が24分のところで出力を絞りました。

 

2019年1月17日(木)7回目

使用7回目です。

頭皮の状態が変わってきたのか、機材1を使っている時に機材を当てていない場所まで電気が流れているような感覚がありました。

ヒト幹細胞培養液は思っていたより多めに塗布する方が良いみたいです。

続いて機材2です。

電極ジェルパッドの固定方法を思考錯誤していましたが、サージカルテープで押さえるように貼るのが今までのセルフ施術の中で一番良い感じです。

ジェルパッドを貼っている辺りの皮膚のピリピリ感が全然違います。ソフトに感じます。

電極ジェルパッドが皮膚から離れると逆起電力が高まって強く電気が流れるように感じると予想されます。

機材2の「残り時間30分30秒から24分00秒まで」の電気が流れていないような感覚の時間は、6分ほどのインターバルに何の意味があるんだろう?

また残り24分(施術開始40分)から電気刺激が強くなるような気がする。

今日から血流量を上げるために律動運動のマシンも並行していきます。

この機会は立っているだけで有酸素運動が出来るという機械です。バルダップシステムを施術している期間は他の事は何もしない方が良いかと思いましたが運動しないのはなんだか気持ち悪いです。

 

2019年1月18日(金)8回目

使用8回目です。

機材1の使い方にも慣れてきました。

機材1については、自宅でセルフケアをする人の使い方の参考も兼ねて書いているので

何か書ける事を探すようにします。

続いて機材2です。

こちらは、サロン専用機材なので参考になる事はビフォーアフターの写真くらいでしょう。

昨日に続いてサージカルテープでの電極ジェルパッドの固定は良い感じです。

機材2の電源を入れ始めてから何分間かの間、目の前がチカチカするのは仕様のようです。

だいたい15分くらいで視界がチカチカしなくなってきます。

今日もバルダップシステムの後に律動運動機材で運動をします。

血流量が上がるから、より効果が出るのか?他の事を追加すると効果が減るのか?

運動を追加して効果が減るようであれば、力仕事の人は効果を感じるまでに時間がかかるという事に繋がるので有意義な検証になります。

 

2019年1月19日(土)9回目

9回目の使用です。

早いもので、ヒト幹細胞培養液を用いた発毛実験を始めてから1瓶使い切りました。

機材1で使用するヒト幹細胞培養液の育毛剤です。

これの塗布用が難しく、

塗布量が少なすぎると効かないだろうし

多すぎると液ダレしてヒト幹細胞培養液が無駄になるし

多すぎると頭皮ではなく毛髪にヒト幹細胞培養液が付着して時間が立てば毛髪にヒト幹細胞培養液がついたまま乾燥して無駄になるし

この辺は、自宅でセルフケア機材を購入された人へより精度の高いアドバイスをするために検証を重ねる必要があります。

 

2019年1月20日(日)お休み

この日は研修の為、1日院がお休みです。バルダップシステムのセルフ実験もお休みです。

 

2019年1月21日(月)10回目

10回目の使用です。

今日からヒト幹細胞培養液の2瓶目を使います。

9回の機材1の使用で1瓶使い切るような使い方で、ヒト幹細胞培養液の塗布量は適量なのか?

この辺は、頭の形や短髪長髪で適切な塗布量が変わってくるでしょうから判断が難しいですね。

続いて機材2.今日は大人しく動かずにやってみました。

目を閉じたまま、電気刺激で眠くなるような気持ちよさ、、、

無いです。電気刺激嫌いでした。

 

 

2019年1月22日(火)11回目

11回目の使用です。

特に変わったこともなく機材1と2を使用してセルフ施術を行っていきます。

ここで思いついたのですが、発毛を希望していない人でも髪の生え際が前進してきたら

小顔効果?になるのでは。

実際、顔を小さく見せるために髪の生え際にも化粧品を塗っている女性は多くいます。

検証追加です。生え際は前進してくるのか?

オデコにもヒト幹細胞培養液を塗布して様子を見てみます。

 

 

2019年1月23日(水)12回目

12回目の使用です。

昨日、思いついた髪の生え際をずらすことによる小顔を発毛で出来たら良いのでは?

ですが、オデコにヒト幹細胞培養液を塗布して機材1で浸透させていくとピリピリ感が頭皮とは違って感じられます。

顔の筋肉を動かしてオデコにシワを作って、シワガできる範囲がオデコのようなので、シワガある辺りまでヒト幹細胞培養液を塗布してやっていきます。

 

2019年1月23日(木)13回目

13回目の使用です。

 

2019年1月25日(金)14回目

14回目の使用です。

機材1を出力5で使用していますが、ヒト幹細胞培養液の塗布後に頭皮が少し痛いと感じるまで電極を当ててみました。

これが良い方向に作用するのかどうか。

 

2019年1月26日(土)15回目

15回目の使用です。

今日も機材1を出力5でやっています。ピリピリする感じがヒト幹細胞培養液の浸透に繋がるのか。

 

2019年1月27日(日)お休み

今日は日中の診療が終わってすぐ、勉強会に出発なのでヒト幹細胞培養液の時間がとれません。また明日やります。

 

2019年1月28日(月)16回目

16回目の使用です。

低周波治療器について面白い実験をしているサイトを見つけました。

低周波治療器の感電特性

心臓付近の胸部、頭部、顔、口中、陰部。これらの部位は電気治療器では禁忌部位です。

ん?バルダップはオデコと首に電極を付けるけどいいのか?

検証材料が増えました。

 

2019年1月29日(火)17回目

17回目の使用です。

ヒト幹細胞培養液の2瓶目を使い切りました。ヒト幹細胞培養液。ヒトの幹細胞の培養液。

分かりやすく言うと、他人の幹細胞。とも取れます。

同種(ヒト幹細胞を他人に塗布)は感染症のリスクが高いから、ブタ幹細胞を使っています。

なんて発毛サロンもあります。

また検証材料が増えました。

 

2019年1月30日(水)お休み

セミナーのため、院がお休みです。バルダップセルフ施術もお休みです。

 

2019年1月31日(木)18回目

18回目の使用です。今日からヒト幹細胞培養液の3便目の使用になります。

茶色い瓶に入れられているものは消費期限が一週間くらいの事が多いので、ちょうどいい使用ペースかもしれません。

ヒト幹細胞用品の市場や、多くの会社にヒト幹細胞培養液を卸している韓国の会社の代表と話す機会があったので機会があれば後日記事にします。

2019年2月1日(金)19回目

19回目の使用です。

そろそろ、途中経過の写真を撮影しないといけない時期です。発毛開始前(散髪当日)、施術10回目と写真を撮っていますが、施術の1区切りとなる20回目終了後の写真は散髪後でないと、施術開始時の写真と同じ条件になりません。

次回の施術区切りは、施術開始2か月目・3か月目の予定です。

2019年2月2日(土)20回目

20回目の使用です。

今日で施術20回目。
最初の40日間の間に20回施術を受けると、発毛のゴール地点は同じでも目に見えて効果を感じるまでの時間が短くなるとの話しです。
どうなるか楽しみです。
次回からは、機材1は毎日。機材2は週に2回の施術ペースとしていきます。比較写真を撮るために散髪に行かないとですね。

 

お問い合わせ

LINI@

通常のLINEと同じく1対1のトーク画面です

お問い合わせフォーム

電話

アクセス

整骨院地図